記事一覧

実習に参加して現場で学ぶ

ナース

支援金が出る場合もある

看護学校は、多くの場合は3年制となっています。医療系の専門学校では3年制となっているところも多いのですが代表的な看護専門学校も3年制となっています。民間の学校法人が経営しているところが大半ですが、都立や市立の看護専門学校などもあります。また、地域によっては支援金を出しているところなどもあります。看護師不足は深刻化しているということもあり、行政側も様々な工夫を行っています。また、専門学校以外でも高等看護学院や準看護学校なども教育機関としてあります。専門学校とは違い、これらの設立は地域の医師会によって行われていることが多いです。看護大学と看護専門学校の違いを知っておくということも大切です。看護大学では、一般教養科目などを始めとして豊富なカリキュラムを学んでいくとしいうことが特徴です。今後、複雑化する医療全体に関しても勉強していきます。専門学校に関しては、授業の3分の1が実習に使われるとされています。実践的な看護を実習という形で直接的に学んでいきます。仕事をしていくということであれば、将来的なキャリアなどを考えて教育機関を選択するということが大事です。大学などの場合は、取得することが出来る資格などもたくさんあります。保健師国家資格、助産師や養護教員などの受験資格を得ることも出来ます。実際に、病院などで仕事をしてからもっと多くのことを学びたいと大学に進学している人もいます。仕事をしながら勉強している人はたくさんいます。

Copyright© 2017 医療系の仕事に就きたいなら|看護学校に通って資格を取得 All Rights Reserved.