記事一覧

はり師ときゅう師

レディ

なるために必要なこと

鍼灸師とは、はり師てきゅう師のそれぞれの資格を合わせた呼び方で、厳密に言うと鍼灸師という資格はありません。ですが、ほとんどの人が二つの資格を同時にとるため、鍼灸師という言葉を使ってもほとんど問題ない状況になっています。はりもきゅうも、人体に対して直接施術する医療技術であるため、なるためには養成課程のある学校で三年以上学んでから国家試験を受ける必要があります。養成課程のある学校は大学、短大、専門学校の三種類があり、按摩マッサージ指圧師の資格や柔道整復師の資格がとれるところも多いです。実際、鍼灸師のみの就職先は個人の鍼灸治療院がほとんどで求人に関してはかなり厳しい状況です。そのため、他の資格も取って、就職先を広げようとする人が大半です。いずれも国家資格ですが、学習内容に重なる部分も多いので、同時に学んでいっても効率よく受験資格を得ることができるのです。鍼灸師自体の求人は少ないですが、医療技術としては近年注目が集まりつつあります。高齢化の進展により、体の不調を訴える人は増加傾向にあります。また、長い人生を快適に過ごすためにも、予防医学につとめようとする傾向は大きくなっています。そういった人たちにとって鍼灸の治療は良い治療法といえます。西洋医学と異なり、体への負担は少なくてすみますし、何より気持ちよいという快適さがあります。女性の社会進出により、様々なストレスを抱える女性が増えており、そうした女性のストレス緩和にも役立つと期待されています。

Copyright© 2017 医療系の仕事に就きたいなら|看護学校に通って資格を取得 All Rights Reserved.